教育の質向上委員会

本委員会は、精神保健看護学の教育の質の向上のための活動を行うことを目的に設置された委員会であり、精神保健看護学の基礎教育、卒後教育の実態調査および基礎教育、卒後教育への政策提言を所管事業としています。

精神保健医療体制や人々のニーズが高度化・複雑化する中で、看護職が高い専門性を発揮するには、看護基礎教育から卒後教育への円滑な接続を可能にする取り組みが必要です。各々の精神医療機関で行われている卒後教育の実態調査や研修の在り方などを検討しています。

 


  • 教育の質向上委員会主催【看護学教育における実習記録のデジタル化】研修のご案内

    教育の質向上委員会では、看護学教育における実習記録のデジタル化に関する研修会を企画いたしました。本研修会を通して、これからの精神看護学実習における実習記録のデジタル化について、皆様と共に考える機会にしたいと考えています。多くの会員の皆様にご参加いただきたくご案内申し上げます。また、非会員でも精神看護学教育に関心をお持ちの看護師の方は、ぜひともご参加ください。

  • 教育の質向上委員会主催【情報交換会】のご案内 (9月4日(月) 14-16時)

    教育の質向上委員会では、各看護基礎教育機関における精神看護学実習の概要・取り組み・課題などを共有し、参加者が相互に精神看護学実習の充実を目指すことを目的に情報交換会を企画いたしました。 この度の会は、平日開催とさせていただいておりますが、多くの会員の皆様にご参加いただきたくご案内申し上げます。

  • 「精神医療機関における新人看護職員及び中途採用看護職員への研修に関する実態調査」の結果報告 ~速報~

    日本精神保健看護学会 会員の皆様 教育の質向上委員会では、厚生労働省・地方厚生局の公表情報に基づいて、入院料に精神疾患に関する料金を算定している全国の病院にご協力いただき、新人看護職員研修および中途採用看護職員研修の実施状況と、その内容を明らかにすることを目的とした実態調査を行いました。その結果をまとめましたのでご報告いたします。調査にご協力くださいました皆様ありがとうございました。

  • 「COVID-19感染拡大に伴う看護基礎教育現場の現状調査」の結果について

    教育の質向上委員会が実施しました「Covid-19感染拡大に伴う看護基礎教育現場の現状調査」に157校の皆様からご回答をいただきました。まずは速報という形で公表いたしますので、参考にしていただければと思います。