研修・研究助成

研修

  •   対象 教育関係者、一般市民、医療福祉関係者 方法 Zoom によるオンラインセミナ ー 時間 1 回 60 分(講義 50 分、質疑応答 10 分)

  • 日本精神保健看護学会 会員の皆様 日本精神保健看護学会は、2023年5月、「精神科医療現場における虐待防止に向けた団体会議」に参画し、関係団体(日本看護協会・日本精神科看護協会)と共に虐待防止に向けた取り組みをしております。その一環として実践の質向上委員会では、主に看護師のメンタルヘルスに焦点をあてた研修会を開催いたします。

  • 日本精神保健看護学会 社会貢献委員会 市民向けセミナー 4回目 日時 2023年4月22日(土)13:00~14:00 テーマ ついつい怒ってしまうあなたへ 講師 日本精神保健看護学会 社会貢献委員会 本セミナー中、視聴者参加型のアンケートなどを複数回実施いたしました。個人情報に配慮し、参加型部分以外の動画を公開いたします。公開期間は2023年12月29日までです。 Q&A

  • 日本精神保健看護学会 社会貢献委員会 市民向けセミナー 3回目 日時 2023年1月28日(土)13:00~14:00 テーマ 楽しく食べたいあなたへ 講師 宮本有紀(東京大学) 本セミナーの後半はグループワークを実施いたしました。動画は前半の講義形式部分のみ公開いたします。公開期間は2023年12月29日までです。 Q&A

  • 先日ご案内いたしました下記研修会「【事例で考える看護研修】精神保健看護の実践を自由に語り合いましょう」につきまして、お申込み締切を3月15日(水)まで延長いたしました。 お勤め先でもお声掛けいただき、ぜひ奮ってご参加ください。 日本精神保健看護学会 会員各位 精神保健看護領域の臨床で勤務されている中堅看護師の方を対象にした研修会を開催いたします。 事例検討をしながら、日頃の看護実践について語り合い、自己洞察を共有し、参加者皆さまが互いにエンパワメントされる機会となることをめざしています。 今回は「幻覚妄想をもつ方への看護ケア」をテーマに事例検討を行います。 奮ってご参加ください。また、お勤め先でもお声掛けいただけますと幸いに存じます。

  • 日本精神保健看護学会 社会貢献委員会 市民向けセミナー 第2回 日時 2022年10月1日(土)13:00~14:00 テーマ 窮屈に感じているあなたへ 講師 安保寛明(山形県立保健医療大学) 何が?とは言えないけれど、毎日なんとなく感じる“窮屈さ”。 その窮屈さの正体と、付き合い方がわかった一時間でした。 セミナーをご視聴頂くと、ご理解いただけるのではないかと思います。  “窮屈さ”を感じている方…ぜひおススメです!   動画の公開期間は終了しました。   Q&A

  • 日本精神保健看護学会 社会貢献委員会 市民向けセミナー 第1回 日時 2022年7月30日(土)13:00~14:00 テーマ 眠れずに困っているあなたへ 講師 香月富士日(名古屋市立大学) 眠れない・・・今日も眠れない・・・ どうしたらいいの? そう、そんな時に、どんな風に考えたら良いのか、どんな環境を 整えるといいのか、困っている人にどう伝えたらいいのか、 セミナーの中に様々なヒントが・・・是非ご視聴下さい!   動画の公開期間は終了しました。     Q&A

  • (10月11日追記) 先日お知らせいたしました、標記研修会の参加者を引き続き募集しております。周囲の新人看護師の皆様や、実習先の病院等にもご案内、お声かけをしていただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。 日本精神保健看護学会 会員各位 日本精神保健看護学会「実践の質向上委員会」主催による 新人看護師対象の研修会を開催いたします。奮ってご参加ください。 新人看護師対象の患者理解に役立つコミュニケーションスキルのオンライン研修会 日頃のコミュニケーションをより効果的にすることを目指す研修です  

  • 日本精神保健看護学会 会員の皆様 教育の質向上委員会では、Virtual Reality(VR)プログラムを活用した新たな看護教育について学ぶことを目的に研修会を企画いたしました。年末の慌ただしい時期の開催ではありますが、ぜひ会員の皆様にご参加いただきたくご案内申し上げます。

  • 社会貢献委員会では、「新しい生活様式とメンタルヘルス」をテーマとしたオンラインセミナーを企画いたしました。市民の皆様、医療・福祉関係者、教育関係者の皆様、多くの方にご参加いただければと思っています。会員の皆様のご参加はもちろんのこと、ぜひ周囲の方々にもお知らせいただけますと幸いです。

研究助成

  • 日本精神保健看護学会では,精神看護学の推進と発展に寄与することを目的として,精神看護学若手研究者育成に資するため研究助成事業を行っています. 今年度も2024年度の研究助成募集を行います.臨床の場で研究に取り組む若手会員,あるいは大学院生や若手教員の皆様に奮ってご応募いただきたく,ご案内申し上げます.

  • 趣旨 若手精神看護学研究者の育成のために、研究費用の一部を助成し、その研究成果により精神看護学の発展に寄与することを目的とする。 助成の対象 精神看護学に関する個人または共同の研究を対象とする。 応募資格 研究代表者はおよび共同研究者は全員会員であること 研究代表者の年齢は2023年3月31日現在において42歳以下であること 他団体の研究助成と重複しないこと

  • 趣旨 若手精神看護学研究者の育成のために、研究費用の一部を助成し、その研究成果により精神看護学の発展に寄与することを目的とする。 助成の対象 精神看護学に関する個人または共同の研究を対象とする。 応募資格 研究代表者はおよび共同研究者は全員会員であること 研究代表者の年齢は2022年3月31日現在において42歳以下であること 他団体の研究助成と重複しないこと