日本精神保健看護学会 教育活動委員会主催研修会

オープンダイアローグとリフレクティング:日本での展開の可能性を探る

今日、オープンダイアローグが注目され、日本での実践展開が模索されている。オープンダイアローグは、フィンランドの医療システムの中で運用されているものであり、医療制度の異なる日本での実施には、難しい側面もある。その中で、オープンダイアローグにおいて用いられているリフレクティングの活用に目が向けられている。そこで、日本におけるリフレクティングの第一人者である矢原隆行先生、三澤文紀先生をお招きし、リフレクティングの本質を学び、かつ、看護界において長年にわたってオープンダイアローグに関心を寄せてこられた末安民生先生、共同研究者の西池絵衣子先生よりオープンダイアローグを紹介して頂いた上で、参加者と共に日本での展開の可能性を探っていきたい。当日、様々な立場の方々によって、会場内に多声が響くことを期待する。

日時2019年3月21日(木・祝) 10:00~16:00
場所TKP仙台南町通カンファレンスセンター8階 ホール8A
講師矢原隆行 先生(熊本大学大学院社会文化科学研究科 教授)
三澤文紀 先生(福島県立医科大学看護学部総合科学部門 教授)
末安民生 先生(岩手医科大学看護学部地域包括ケア講座 教授)
西池絵衣子 先生(慶応義塾大学看護医療学部 助教)
参加費学会員:無料 非学会員:2,000円
申し込みメールまたはFAXにてお申し込み下さい(チラシ参照)。
先着100名で締め切ります。 

スケジュール

10:00~挨拶・講師紹介
10:10~
11:45
リフレクティング「会話についての会話という方法」を語る
講師:矢原先生・三澤先生
11:45 ~
12:00
リフレクティング・タイム
矢原&三澤トークを末安&西池チームがリフレクティン グ
13:00~
14:35
フィンランド生まれのオープンダイアローグを語る
講師:末安先生・西池先生
14:35~
14:50
リフレクティング・タイム
末安&西池トークを矢原&三澤チームがリフレクティング
15:00~
16:00
ディスカッション-みんなで語る日本での可能性

詳細は下のPDFファイルを参照ください。

「オープンダイアローグとリフレクティング:
日本での展開の可能性を探る」
チラシ・申込書のPDFファイルをダウンロードする


2018年12月17日更新